レディー

注目のガラス系コーティングにトライ|煌めくボディにご満悦

万が一の対処法

数台の自動車

道路を走行する上では必ず車検が入っていなければなりませんが、万が一車検が切れてしまった場合は道路交通法違反となってしまうので、期限には注意しなければなりません。車検の期限は、車内に貼られた裏面を見ることで確認することができます。また、車検証にも記載があるのでいつ頃切れるのかというのをしっかりと頭に入れておきましょう。仮に車検切れになったからといっても、車検が受けられないわけではありません。しかし、その状態では道路を走行することができないのでそのままでは工場へ運ぶことができません。その場合、市区町村の各役場にて仮ナンバーを発行してもらい、一時的に道路を走行することができるようになります。それを行う前に注意すべき点としては、車検に通らないということがないようにすることです。例えば、仮ナンバーを借りて工場に持って行っても車検に通らないので修理が必要となり、それが数日かかるとなると再度仮ナンバーの申請が必要となることもあります。そうならないためには、事前に自分で修理できる箇所は直しておいて、可能な限り修理などが発生しないようにしておきましょう。
車検切れで整備工場に運ぶ方法はもう1つあります。それは、整備工場に搬送を依頼することです。整備工場に依頼すると積車を用意してくれて、場所によっては無料で搬送してくれる工場もあります。このように車検切れになってしまうと、運ぶだけでも手間になってしまいます。余計な手間をかけたくないのであれば、車検切れになる一ヶ月前くらいに余裕を持って行動するようにしましょう。